日本海洋が大変なことに

みなさん。スギ花粉いやですね。

ここ数年落ち着いていたのが、先週から大変な事態になって

おり、ティッシュと目薬がお友達状態です。

大変な自体といえば、、、、、、。

2018年1月6日、東シナ海上海沖で韓国で向かっていた

石油タンカー 「サーンチー」と貨物船が衝突し、サーンチーはその後

1週間漂流し、沈没しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/石油タンカー・サーンチーの衝突事故

その衝突場所と沈没位置を見てみると

そうなんです。日本のEEZ内での沈没。

さーここからが、本当は大変なことなんです。

石油タンカーが沈没です。ではそのタンカーの中身は、

超軽量粗製油「コンデンセート」と呼ばれ、非常に燃焼しやすく

人体にはとても悪影響を及ぼしかねない。ということなんです。

心配していた自体が鹿児島などでは報告されています。

なにかというと、その製油が固まりになって漂着しているのです。

ということは、海洋物へ多大な影響がもうでていると言うことです。

沖縄には影響が少ないようですが、九州から山陰、関東沖まで

汚染物がながれているようです。

漁業、養殖、航行などどうなるのでしょうか。

こんなものすごい事故が起きていることを

知らない自分達。

もっと知るべき事があります。

 

日本海洋が大変なことに” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です